ウラヤスフェスティバル

ウラヤスフェスティバル

ウラヤスフェスティバル

雨の時は?当日の注意点

ウラヤスフェスティバル当日の注意点をまとめています。確認してお出掛けください。

ウラヤスフェスティバル当日の注意点

ウラヤスフェスティバルといえば、雨というイメージが付くほど毎年のように悩まされています。去年は台風が接近している中での決死の開催となり話題にもなりました。

このページでは当日、雨のときの注意点はもちろん、ウラヤスフェスティバルについての注意点を見ていきましょう。

当日の天気予報は必ずチェック

ウラヤスフェスティバル

開催当日9月15日(土)は残念ながら雨の予報が出ています。パレードが行われない土曜日ですが、その他のイベントはどうなるでしょうか?答えは荒天にならない限り行われる予定です。(ここでの荒天とは、台風など気象警報、または一部の注意報が出るレベル)

過去の開催からみて、ステージのプログラムなど一部変更がありますが、グルメ屋台などは予定通り出店しています。はじめてのイベントである総合公園エリアのフリーマーケットは、屋根が用意できないため、中止になる可能性は他より高いかもしれません。

ウラヤスフェスティバルは基本野外で行われるイベントです。15日はもちろんですが、翌16日もお出かけの際は、天気予報を確認し雨具の用意など、無理のない行動を心がけてください。

パレード時、雨の場合は

ウラヤスフェスティバルのパレードは、過去何回も雨に降られています。しかし、一回もパレードが中止になったことはありません。小雨でなくザーザー降っている状態でも行われていいます。

長い時間パレードは行われますので、もし、雨の中行われる場合は、体の冷えないよう体調に気をつけて観覧してください。適度に休憩を入れることが大切です。

熱中症に注意してください

ウラヤスフェスティバル

9月中旬は秋の気配が感じれるものも、まだまだ暑いです。ウラヤスフェスティバルは、屋外で行われるイベントのため熱中症が心配されます。こまめな水分補給はもちろん、風通しの良い服装や帽子を被るなど熱中症対策をして下さい。

また、女性の方は、日焼け対策も怠らないようにして下さい。9月の日差しも強烈です。

パレードは長い時間行われます

ウラヤスフェスティバル

ウラヤスフェスティバルのパレードは約5時間以上という長丁場で行われます。パレードが行われるシンボルロードには座るような場所がほぼないため、基本は立ち見になります。

5時間暑い中、屋外で立ち見というのは若い人でも体力的に限界があります。見たいパレードを絞るなど途中休憩を必ず入れるよう心がけましょう。お年寄りやお子さんはくれぐれも無理のないようにしてください。

パレードの席取りはできません

パレードが行われるシンボルロードは、簡易椅子やレジャーシートを引くことが禁止されています。基本は立ち見という厳しいルールです。また、花火大会の時のような感じで場所取りもできませんので注意して下さい。

専用駐車場はありません

ウラヤスフェスティバル

ウラヤスフェスティバルの専用駐車場はありません。メイン会場の浦安市総合公園の駐車場は前日の金曜日から閉鎖になるよていなので注意して下さい。

自転車は専用駐輪場にとめましょう

パレードや総合公園に訪れる方への専用駐輪場は、総合公園周辺に設置されます。自転車で訪れる方は専用駐輪場に必ずとめて下さい。会場周辺への直接の乗り入れはできません。

トイレは少ないです

ウラヤスフェスティバル

新浦安駅前エリアや、総合公園エリアには仮設トイレが設置され、トイレを探すのに困ることはありませんが、パレードが行われるシンボルロードには一部(総合公園側)のみ設置されます(去年の様子から)。パレード鑑賞時には注意が必要です。

この『浦安フェスティバル2018』を特集したページは、浦安市の公式のホームページではございません。
2017年の情報はもちろん、過去の状況や最新情報を元に特集ホームページ作成しています。公式にプレスリリースされた新しい情報を随時載せていきますが、急な変更など対応できない場合があります。ご了承ください。