ウラヤスフェスティバル

ウラヤスフェスティバル

浦安駅前エリア

浦安駅前エリアを詳しく

東京メトロ東西線浦安駅前で行われるパフォーマンスを詳しく紹介します。

浦安駅前エリア

日にち 2018年 9月15日(土)
場所 浦安駅前から西友浦安店前
開催時間 午後1時40分から
内容 パレード参加団体によるパフォーマンス
・13:40 オープニング
・13:45 how to fly MAGIC!!!(ダンス)
・13:55 長崎くんち(東龍倶楽部)
・14:05 沖縄エイサー(琉球國祭り太鼓)
・14:15 佐渡おけさ(東京おけさ会)
・14:36 エンディング
交通規制 あり
浦安駅前ロータリーから西友浦安店前まで
交通規制時間 午後0時30分から午後3時30分
駐車場 専用駐車場はなし
駐輪場 専用駐輪場はなし
問い合わせ ウラヤスフェスティバル2018実行委員会事務局
(浦安市商工観光課内)
電話:047-712-6297

※内容やプログラムは予告なく変更となる場合があります。

浦安駅前エリアの地図

マクドナルド前の駐車場から西友浦安店前(くすりの福太郎付近)までパレードが行われます

パフォーマンスを詳しく

下記に紹介する動画は各地で開催されたお祭りのものです。ウラヤスフェスティバル当日、同じ団体が演舞するとは限りません。

○長崎くんち(長崎県長崎市)

「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭。  寛永11年(16344年)、二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。

以来、長崎奉行の援助もあって年々盛んになり、さらに奉納踊には異国趣味のものが多く取り入れられ、江戸時代より豪華絢爛な祭礼として評判だったそうです。この奉納踊は、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。 (長崎くんち <長崎伝統芸能振興会>より)

○沖縄エイサー(沖縄県)

本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能のひとつで、主に各地域の青年会がそれぞれの型を持ち、旧盆の夜に地域内を踊りながら練り歩く。

一言で「エイサー」と言ってもその形態はいくつかに分類され、現在ほとんどの青年会が、大太鼓、締め太鼓を中心とした「太鼓エイサー」であり、沖縄県中部が最も盛んな地域と言われている。(沖縄全島エイサーまつりより)

○佐渡おけさ(新潟県佐渡市)

佐渡おけさはおけさ節の代名詞といわれるほど有名ですが、佐渡おけさという名前が一般に知られるようになったのは、それほど古いことではありません。

おけさ節は九州地方のハイヤ節が日本海を北上し東北地方にまで伝えられたと言われています。(にいがた観光ナビより)

この『浦安フェスティバル2018』を特集したページは、浦安市の公式のホームページではございません。
2017年の情報はもちろん、過去の状況や最新情報を元に特集ホームページ作成しています。公式にプレスリリースされた新しい情報を随時載せていきますが、急な変更など対応できない場合があります。ご了承ください。