浦安サンポ

  • 浦安を知る
  • 浦安のガイド
  • 浦安のイベント
  • 浦安の防災

千葉県の東京オリンピック聖火リレー情報

浦安のアイコン東京オリンピックの聖火リレーを予想

7月12日に東京オリンピックの聖火リレー各都道府県実施日が決まったと報道がありました。気になる千葉県は、44番目の都道府県で日時は2020年7月2日(木)~2020年7月4日(土)になります。

千葉県は今のところ、18の市町村を巡ることを計画しており、単純計算すると各地約2時間余の滞在時間と予想されています。ここでは千葉県での東京オリンピック聖火ルートがどのようになるか見ていきましょう。

千葉県の東京オリンピック聖火リレー情報

浦安のアイコンルート1

聖火は神奈川県から受け継がれます。神奈川県と千葉県を結ぶものといえばアクアラインですよね。森田県知事のお気に入りのアクアラインですから使わないわけがないでしょう。

2020年7月2日(木)にアクアラインを渡った聖火は、レスリング会場となる幕張方面を目指します。ここでは大きなセレモニーが行われるでしょう。その後、東日本大震災時に液状化の被害がでた東葛飾方面に向かいます。(※市町村移動は車を利用)

浦安市には7月2日の夜か、翌日3日の朝には到着するのではないでしょうか。

その後、同じく液状化の被害があった我孫子市方面に北上し、今度は成田市方面に向かいます。 成田市からは、サーフィン会場である一宮町に向かいます。その後は、同じく東日本大震災で津波の被害にあった九十九里の町を巡り銚子から次の、茨城県へ抜けるルートです。

千葉県の東京オリンピック聖火リレー情報

浦安のアイコンルート2

ルート1と逆周りルートです。アクアラインからサーフィン会場がある一宮町を目指し、成田、幕張を経て浦安市に進むルートです。逆のルートですから、浦安市に聖火が到着するのは7月4日(土)の午前中でしょうか。

幕張も人が集まりやすい土曜日のため、このルートが本命ルートになるかもしれません。

千葉県の東京オリンピック聖火リレー情報

浦安のアイコンルート3

最後は、アクアラインではなく、いきなり幕張からスタートするルートです。東京オリンピックの千葉県メイン会場になるでしょうからスタート地点としてはもってこいでしょう。レスリング会場ですから、レスリング日本代表の皆さんが走っているのが目に浮かびます。

その後、液状化の被害があった浦安市などに進みそうですから、この場合は7月2日(木)の夜か翌日3日(金)の朝になりそうです。

逆ルートの場合は、やはり7月4日(土)の午前中ではないでしょうか。

その他のページもご覧ください

  • 東京オリンピック2020浦安市は聖火リレーの候補地
  • 東京オリンピック2020浦安市のボランティア募集情報
おことわり

この『東京オリンピック2020 浦安市のオリンピック情報』を特集したページは、浦安市の公式のホームページではございません。事前情報などを載せていますが、正式な決定事項ではない箇所も含みます。今後も公式にプレスリリースされた新しい情報を随時載せていきますが、急な変更など対応できない場合があります。ご了承ください。

浦安サンポは今年で14年目を迎えた、浦安の地元密着型情報サイトです。浦安市公式のホームページではありません

浦安の地域の情報はもちろん、文化や歴史、浦安のロケ地情報や漫画・浦安鉄筋家族に描かれた実際の場所などのサブカルチャーの紹介、 そして、花火やお祭など浦安の行事やイベントをどこよりも詳しく紹介しているホームページです。

浦安について、『これが知りたかったんだ』と言っていただけるような存在になれれば幸いです。

浦安サンポ

ページの上部へ