浦安サンポ

  • 浦安を知る
  • 浦安のガイド
  • 浦安のイベント
  • 浦安の防災

浦安のアイコンエアレースが開催できない可能性

浦安サンポマークNHK報道の衝撃

5月10日の夕方、NHKにてレッドブル・エアレースについての報道がありました。大まかに説明すると、臨時滑走路横に今月オープンしたホテルが飛行機の離着陸の妨げになり、安全性が確保できない、なおかつ航空法に触れるとのことでした。(NHKニュースはこちらから)

浦安サンポマーク法律上厳しい状況が

航空法の中に空港周辺における建物等設置の制限というものがあります。空港周辺に一定の高さ(45メートル)の建物が建てられないというもので、臨時滑走路そばにオープンしたホテル(最高高さ59.9メートル)が航空法の対象になってしまう恐れがあります。

●⇒『航空法の中に空港周辺における建物等設置の制限』の詳細コチラから

浦安サンポマーク臨時の滑走路も滑走路扱い

1年に2日のみなのだから、滑走路扱いではないのでは?そんな疑問がありますが、やはり飛行機が飛び立つ場所は滑走路なわけで、比較にならないかもしれませんが、同じ浦安市のヘリポート(エクセル航空)も同じように規制されています。

●⇒『規制されている空港一覧』の詳細はこちらから

浦安サンポマーク滑走路横にホテルがオープン

2018年5月1日、浦安市日の出の海岸横(臨時滑走路のそば)にホテルが開業になりました。地上18階、最高高さ59.9メートルの建物は、滑走路から見るとまるで壁のように見えるでしょう。(航空法では、最大でも45メートルに抑える必要がある)やはり、建物のすぐ横を飛行機が飛ぶのは危険なのかもしれません。

浦安サンポマーク今の段階で開催できるのはなぜ?

ホテルは、当日休業(開業当初から決定)するとしていますが、なぜ開催できるのか?どこに問い合わせてみても明確な答えが見つかりませんでした。やはり休業という事で、特例で許可されているという見方が自然かもしれません。

っとされてきましたが、5月10日の夕方NHKニュースで、この事が問題になっていました。という事は許可を得ていなかったのでしょうか?

浦安サンポマーク過去開催はしっかり対策

レッドブル・エアレースは、浦安の臨時滑走路を使って今年で4年目になります。過去の大会を調べると、臨時滑走路と並行して位置している、墓地公園の木々まで、伐採や植え替えを行っているといいます。

ここまで対策をしているのに、ホテルの対策はクリアになっていなかったのか?このような報道が出ること自体が疑問でしょうがありません。

浦安サンポマーク開催を願って

2018年のレッドブル・エアレースは開催が決まるまで時間がかかりました。それは、この滑走路が課題だったという人もいます。レッドブル・エアレースは、騒音などの問題や、万が一の事態もあるため地域自治会や地域住民とも連携し開催に至っています。

NHKの報道で暗雲が立ち込めてきましたが、レッドブル・エアレースを開催当初から応援しているホームページを作っている立場からも、安全対策をしっかり行い、特例でも開催することができるのを願っています。

ちなみに、滑走路(ハンガーエリア)から見た、去年開催時のホテル(建設中)の状況は上の画像の通りです。現在はもっと高い建物になっているので、やっぱり危険なのかも…

浦安のアイコンレッドブル翼をさずける

その他のページもご覧ください

 次のイベントはコチラ

おことわり

この『エアレース2018(浦安)』を特集したページは、浦安市の公式のホームページなどではございません。2017年の情報はもちろん、過去の状況や最新情報を元に特集ホームページ作成しています。公式にプレスリリースされた新しい情報を随時載せていきますが、急な変更など対応できない場合があります。ご了承ください。

浦安市の防災情報

浦安サンポは今年で14年目を迎えた、浦安の地元密着型情報サイトです。浦安市公式のホームページではありません

浦安の地域の情報はもちろん、文化や歴史、浦安のロケ地情報や漫画・浦安鉄筋家族に描かれた実際の場所などのサブカルチャーの紹介、 そして、花火やお祭など浦安の行事やイベントをどこよりも詳しく紹介しているホームページです。

浦安について、『これが知りたかったんだ』と言っていただけるような存在になれれば幸いです。

浦安サンポ

ページの上部へ