浦安の今を知るサイト浦安ピックアップ

浦安の今を知るサイト浦安ピックアップ

浦安魚市場の閉場とその後について

浦安魚市場が2019年3月31日(日曜日)に閉場することが決まりました。以前から話題になっていた閉鎖話がとうとう現実なものになってしまいました。

ここでは、現状からなぜ閉場・閉鎖になったのか?跡地を取得した野村不動産の商業施設を詳しく見ていきましょう。

---現地レポート---

●⇒閉場当日のレポートはコチラ
●⇒明日に閉場を控えた1日前レポートはコチラ
●⇒閉場まで1週間前レポートはコチラ
●⇒2018年年末大売り出しレポートはコチラ

浦安魚市場の閉場について

浦安魚市場協同組合は10月17日に臨時議会を開き、翌年(2019年)3月31日に解散を決定しました。これに伴い浦安魚市場の閉場・閉鎖することが公式に発表されました。

昭和初期から歴史は始まり、昭和28年に当代島に浦安魚市場として開業、その後現在の地に移し65年目にして幕を下ろすことになりました。

なぜ閉場になったのか?

浦安魚市場閉鎖

一番の理由は耐震基準にありました。昭和46年に建てられた建物は約50年近く経過し、耐震基準を満たしておらず、建て替えや補強などを迫られていました。

店舗の老朽化も著しく、各店舗経営の後継者不足などもあり、徐々に店舗数を減らしていた浦安魚市場はこれらを理由に閉場を決定しました。

市場内の各店舗の移転について

浦安魚市場は現在30店舗が営業しています。閉場に伴い、16店舗の移転が決まり、14店舗の閉店が決まっています。移転先の詳細や閉店する店舗は下記リンク先からご確認ください。なお、浦安魚市場の移転やリニューアルなどの話は出ていません。

浦安魚市場の北口にある、浦安魚市場北口商店会は閉場する3月31日以降、4月1日からも引き続き営業します。ご注意ください。

跡地は野村不動産が取得

浦安魚市場閉鎖

浦安駅から徒歩3分という好立地のため、跡地はすでに売却済みで、取得したのは建築通信新聞によると『野村不動産』のようです。

野村不動産といえばプラウドなど高級マンションのイメージですが、浦安魚市場跡地には商業地が計画されており、GEMS(ジェムズ)というスタイルの食がメインの商業施設が予想されているといいます。※野村不動産の商業施設は今のところGEMSのみ。

※あくまで予定ですので公式に決まっていません。

野村不動産のGEMSとは?

食をメインとした商業施設『GEMS』とは、食事は街を幸せにできるというコンセプトに生まれた野村不動産の新しい挑戦とホームページには記されています。東京などにあるGEMSは平均8階建てのグルメタワーとしてオープンしており、ワンフロア1店舗のスタイルになっています。

よく浦安駅周辺は食べるところが少ないと言われていますが、もし、このような本格的な複合的な飲食店がオープンすることは歓迎すべき点ともいえます。

商業施設だけではない?

ただ、東京にあるGEMSは上に高く建っており、敷地はどちらかというと狭く展開しているのが特徴です。浦安魚市場の跡地をすべて野村不動産が取得しているならば、GEMS以外の土地はやはりマンションになる見方が自然かもしれません。

関連情報

浦安サンポは今年で15年目を迎えた、浦安の地元密着型情報サイトです。浦安市公式のホームページではありません。

浦安の地域の情報はもちろん、文化や歴史、浦安のロケ地情報や漫画・浦安鉄筋家族に描かれた実際の場所などのサブカルチャーの紹介、 そして、花火やお祭など浦安の行事やイベントをどこよりも詳しく紹介しているホームページです。

浦安について、『これが知りたかったんだ』と言っていただけるような存在になれれば幸いです。