浦安サンポ

  • 浦安を知る
  • 浦安のガイド
  • 浦安のイベント
  • 浦安の防災
  1. トップページ>
  2. 浦安花火大会2017トップページ>
  3. 席取りと席の選び方

浦安花火大会

賢い席取り・良い席の選び方

浦安花火大会の席にこだわったページです。無料席は?有料席は?一番眺めのよい席を教えます。

お知らせ

浦安サンポマーク浦安花火大会は席取りは必要?


浦安花火大会は例年、席取りに神経質にならなくても大丈夫なぐらい広々としたスペースで行われると伝えてきましたが、2013年から会場が徐々に狭い場所に変わり、必要と言えるようになってしまいました。2016年に混乱を招いた入場規制が今年も午後5時を目安に行われます。ご注意ください。

観覧会場は浦安総合公園のみ

新浦安の海側の開発により、とうとう浦安花火大会は、観覧会場が浦安総合公園のみの開催になってしまいました。狭い観覧会場になってしまったため、早めの会場入りや有料席の確保をお勧めします。

当日午後2時から場所取り開始

浦安花火大会の観覧会場は入場時間に制限が設けられました。当日は午後2時から開放されますので場所取りを行うならば、この時間帯に来場しないと良い場所は確保できないでしょう。

2013年までは入場時間に制限が無かったので前日からレジャーシートを敷いて場所取りを行えましたが、当日午後2時まで会場に入場できなくなります。もしレジャーシートなどで場所取りを行えたとしても撤去されてしまいます。注意しましょう。

今年も入場規制の予定あり

2016年から入場規制が設けられました。今年も無料席が対象ですが午後5時(目安)という比較的早めの時間帯から始まりますので注意が必要です。

規制後は、有料席のチケットがないと入場不可になるという厳しい条件がありますので、無料席で観覧を考えている方は早めの入場をお勧めします。入場規制時間後、花火開始まで2時間30分もありますので熱中症にはくれぐれも注意してください。

※入場規制は混雑状況により時間帯が変更になる場合があります。

場所取りの時は熱中症に注意

浦安花火大会のメイン会場である浦安市総合公園は、広い草原のような芝生が広がるだけの公園です。日陰になるような場所はないので早い時間から場所取りを計画している方は熱中症対策をしっかりして行いましょう。浦安の日差しを舐めていると痛い目にあいますよ。

浦安花火大会の観覧会場 浦安花火大会の観覧会場

浦安サンポマーク有料席でも安心できない?


席取り合戦が熾烈な浦安花火大会に、一昨年から有料席が新設されました。場所取りに時間を掛けられない人にお勧めの席といえます。安心して見れると思われる有料席にも注意点がいくつかありますのでいくつか紹介しておきます。

入場時間直後に会場入りがお勧め

有料席への入場時間は午後2時と決められています。有料席内はフリースペースなので早めに会場入りして良い席を確保する事をお勧めします。

席が狭い恐れ?

ふるさと浦安・応援席はシートが人数分配られる予定です。このシートに座ることが基本でかなりスペースが狭い印象です。

また、護岸に設置される比較的高価な有料席は、パイプ椅子に座って観覧するタイプなのでかえって席が狭いと感じるかもしれません。

浦安花火大会の風景 浦安花火大会の風景

浦安サンポマーク知っておきたい とっておきの席の選び方


浦安花火大会の優先席以外の場所は自由席となっています。優先席以外の決められたスペースにレジャーシートを敷いて地面に座って観覧するスタイルです。そのスペースの中ならどこに座っても自由で、どこからでも花火がよく見えると思います。

自由だからこそ、少し工夫すれば花火を綺麗に美しくストレス無しに見ることができます。ここではそんな席の選び方を紹介します。

風向きに注意

下の写真は2008年の花火大会のものです。花火の大部分が煙で見えずらくなってしまいました。特に複数の打ち上げ花火が同時に上がるスターマインの時は何が何だかわからないぐらいでした。

浦安花火大会の席選び 浦安花火大会の席選び

当然のごとく煙は風上から風下に流れていきます。つまり風上から花火を見るのが一番ということになります。 海風をよく知っている漁師をずっと続けてきた管理人の父親の話によると、夏場に吹く風はほとんどが南風だといいいます。風向きが変わってもせいぜい南東の風で北や西からの風はまずあり得ないだろうと話していました。

ただ、にわか雨や夕立ちなど天気が悪くなる時は東風が強まるといいます。煙に巻かれてしまった2008年の花火大会の時、言われてみると東風が吹き雨が降ってきました。当日は天気予報を確認し、会場では風向きを気にして少しでも煙がかからない席を探したいですね。

浦安花火大会 風向き

投光機や音響施設の近くを避ける

投光機は各会場に何箇所かあり、遠くにいるとあまり気になりませんが、投光機の光は強く花火の美しさをかき消してしまうほどです。花火と自分が見ている場所の間に投光機の光が入り込まない席がお勧めです。ただし、小さな子供を連れている場合などは明るい場所がいいかもしれません。

また、浦安花火大会はテーマ別に音楽との共演が特徴の一つなのですが、音響施設の近くでは音が大きすぎて花火の雰囲気が台無しになります。音が大きすぎると、あの妙に大げさなアナウンスに苛立ちを覚えてしまうかもしれません。

海面が見える場所がベスト

浦安花火大会は船から打ち上がる海上花火大会です。この海上花火大会の醍醐味は海面に反射する花火と言われています。ある程度離れた斜面の上が海面がよく見える場所でベストポジションでしょう。夜空に打ち上がる花火と海面に写る花火で2倍楽しみましょう。

浦安花火大会 浦安花火大会

浦安サンポマーク今年は大人な浴衣に挑戦してみませんか?

去年はどこにでもある量販店の3980円の浴衣で花火大会に出かけたけど、あんまりテンションが上がらなかった…。柄がかぶってる人がいて気まずかった…。そんな不完全燃焼に終わってしまった方いるのではないでしょうか?

ワンランク上の浴衣には心をときめかせる不思議な力があります。着るだけで美人になれるそんな雰囲気を持っていると思いませんか?


(画像をタップで詳細)

(画像をタップで詳細)

 次の浦安イベントはコチラ

おことわり

この『浦安花火大会』を特集したページは、浦安市の公式のホームページではございません。2016年の情報はもちろん、過去の状況や最新情報を元に特集ホームページ作成しています。
公式にプレスリリースされた新しい情報を随時載せていきますが、急な変更など対応できない場合があります。ご了承ください。

浦安サンポは今年で14年目を迎えた、浦安の地元密着型情報サイトです。浦安市公式のホームページではありません

浦安の地域の情報はもちろん、文化や歴史、浦安のロケ地情報や漫画・浦安鉄筋家族に描かれた実際の場所などのサブカルチャーの紹介、 そして、花火やお祭など浦安の行事やイベントをどこよりも詳しく紹介しているホームページです。

浦安について、『これが知りたかったんだ』と言っていただけるような存在になれれば幸いです。

浦安サンポ

ページの上部へ